ハーブの殖やし方

ハーブはもともと強い植物ですから、殖やすのは簡単な作業でできます。但し、その種類によって、適した殖やし方がありますのでご紹介しておきましょう。 植物の殖やし方は基本的に、株分け、挿し木、水挿し、取り木、という4種類の方法があります。 ミント類やセージ、タイム、オレガノ、レモンバーム、レモングラス、カモミールなどには、春や秋、彼岸時期の株分けが適しています。 株分けは、まずスコップなどで根ごと丁寧に掘り上げて、古い根や茎を整理しながら優しく分けます。次に、根が乾いてしまわないうちに素早く新しい土に植え替えます。 ローズマリー、ラベンダー、オレガノ、レモンバーム、バジルなどは、真夏以外の季節で気温が16度から20度程度の時期に挿し木を行うのが適しています。 比較的節の間が詰まっている若い枝を10センチから15センチ程度斜めにカットして、下葉を取り除き、半日程度水に浸けておきます。

移し替える土は水で湿らせておき、お箸などで斜めに穴をあけて、カットしておいた枝を刺し、半日陰に置いておきます。土が乾燥してきたら水を与えてください。 これがうまくいけば、2週間から3週間で新芽が出てくれば根付きますので、用土に移し替えてください。 水差しという方法は、バジルやミントなどのタフなハーブに適しています。水挿しは、文字通り新鮮な水を取り替えながら挿しておくだけで根が出るのです。根が3センチから4センチ程度に伸びてきたら用土に移し替えてください。 最後は、親株から切り離して殖やす、取り木という方法で、ミント、セージ、月桂樹、ローズマリー、ラベンダーなどに適しています。挿し木と同じく、真夏を避けた気温16度から20度程度の時期に行ってください。 長めの枝を選んで、地面に針金で固定し、土をかぶせれば完了です。1ヶ月ほど経つと根や新しい芽が出てきますので、親株から切り離して用土に移し替えてください。




生命保険などに入るにあたっては生命保険の専門家やファイナンシャルプランナーとちゃんと無料相談していくことが有効なことです。保険の正しい考え方を学ぶことで自分の入るべき保険商品を選択することが容易になってくるのです。良く考えるべきは生命保険無料相談をしてみるということです。
保険比較のページ→損しない保険比較



いろいろ生命保険はあるけれど一体どうしたらいいのか分かりません。若かったので保険はいらないと思い続けてきたのですが、そろそろちゃんと検討しないといけないのかなと思うことがありました。様々な異なるサービスがあるとも聞きますが、どれも同じではないのですよね。そう思うと、もう考えるのが嫌になってしまい、入らないことも多いです。
ガン保険NETについて
http://www.bbsc.jp

ずっと保険料を払い続けた生命保険をどのようにく見直すか検討するについて失敗しないためにポイントを置かないといけないことは告知義務違反をしないかを間違えないということです。医師から薬の処方を受けていたりそんなことがつづいていての生命保険見直しをうまく進めるのは告知義務も検討対象です。-

自動車保険の見直し等は面倒なことです。誰もが悩みます。自動車保険などをチョイスするのは結構大変なことです。価格見積りが保険では自由にできるようになっています。自動車保険選びをすることは簡単になっています。保険ならば保険の見積りはネットに入っていくのが大切なことです。-