種蒔きの時期と種類

ハーブを種から育てる場合、殆どの場合、春と秋のお彼岸の頃種まきをします。日本は南北に細長いので地域によって差はありますが、春は遅霜の心配がなくなってソメイヨシノの咲く時期、秋の場合は彼岸花の咲く頃が良いでしょう。 ただし、寒い地方では秋蒔きでも8月下旬から9月中旬までには済ませた方が良いでしょう。 春蒔きに適したハーブは、バジル、ナスタチウム、フレンチマリーゴールド、オレガノなどがあります。 秋蒔きに適しているのは、ディル、ボジリ、ジャーマンカモミール、ロケット、チャービル、フェンネル、コリアンダーなどです。 ハーブを鉢植えにするには、殆どの場合、直播きで問題ありません。

1つの鉢にパラパラといくつか種蒔きをして、その場で間隔の狭いものは間引きをして、最終的に丈夫な1つを残して育てると良いでしょう。 タイム、ミント、オレガノなどのハーブの場合、種を砂と一緒に混ぜてからパラパラと蒔くと、簡単に種を等間隔に蒔くことができます。 コリアンダーやキャラウェイなどのハーブなど、主に路地に蒔くときには、点蒔きという方法で蒔きます。種の大きさの2倍ほどの大きさと深さの穴を掘って、種を3?5粒ずつ蒔きます。 バジルなどの場合は、筋蒔きという、畑に溝を作ってその溝に等間隔で種を蒔いていく方法が適しています。種は少し多めに蒔き、芽が出たら間引きします。




入っている保険の再検討はどのような家族でも避けられない出来事です。保険会社をうまく選びうまく保険商品を選ぶことを済ませるめには生命保険について案単に決めてしまわないことです。ちゃんと後悔しないようにするためについて事前に考えていれば案外うまくいきます。生命保険相談の問題と生命保険をどう見積もるかの問題はこのような問題について考え方に立って大切なことになります。
保険を選ぶのページ→保険相談123



家族の生活資金を考えて学資保険を考えます。納得できる学資保険の選び方はあるのでしょうか。学資保険に入っている親も多いのです。ところが契約したのはいいけれど自分の保険証券の内容を知らないのがほとんどでしょう。親子とも生きていく上でリスクとは背中合わせです。学資保険があることで救われた人は多くいます。学資保険に入ろうとするのなら比較と検討をして最終決断しましょう。
学資保険99|保険サイト
http://www.g99.jp

ガン保険に入っていますか。ガンとなったときのための生命保険です。ガンによる手術・入院・通院等を対象とする給付金が保険会社から支払われることになります。入院や手術の経費についてこれらの給付金で何とかなるかもしれません。ガン保険は必要でしょうか。
生命保険21|保険比較
http://www.lbc21.jp


経験者に相談したりして保険選びの検討に接してみましょう。自分の年収や年齢等により必要な保障はは変わって当然なのです。保険の問題は正面から向かい合うことが大切なことであります。落ち着いて考えて検討して保険を決める意思決定をしましょう。それが大切です。「ほけんの窓口」は保険ショップです。保険の見直しをしてもらえます。-